« 怠け病 | トップページ | 東京大学動物医療センター »

2009年11月11日 (水)

自己嫌悪、そして「祈り」

別に人様に役に立つようなことを書こうと思って始めたブログではないけれど、ここのところ、イヤなことばかり書いている

 

非生産的愚痴

 

読み返すとイヤになる

 

 

 

ネットでウロウロしていたら、流産された方のブログに巡り会った

 

出産はおろか妊娠の経験も無い私には非常にショックな内容だった

 

病院の中で唯一「おめでたいところ」、そこで悲劇のどん底に落とされた方

淡々と書かれていたけれど、涙が止まらなかった

 

もちろん友人知人、聞いた話で、「流産」・「死産」のことは理屈では知っていた

しかし、自らの体内で育んだ命を失うことを深く考えたことはなかった

 

その方のブログは、その時のお話しだけに限定されたものだったので、その後、ご無事に第二子をもうけられたかどうかは分からない

でも、きっと、コウノトリはかわいらしい赤ちゃんを運んでいったに違いない

 

私は、「海大」(みお)ちゃんが、空からご家族の皆さんを見守っていて下さると祈っています

 

|

« 怠け病 | トップページ | 東京大学動物医療センター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自己嫌悪、そして「祈り」:

« 怠け病 | トップページ | 東京大学動物医療センター »