« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月31日 (木)

本日の成果

カレンダー設定
っていうと聞こえは良いけれど、結局手入力することにしました (。_・☆\ ベキバキ

 

音楽の転送
っていうと聞こえは良いけれど、結局「mixi」参照でなんとか出来ました ヾ(^^;)

 

Bluetooth イヤホンのペアリング
っていうと聞こえはよいけれど、結局サポセンに電話しました (。_・☆\ ベキバキ
で~も~、サポセンのオネイチャンと話しただけで、自力解決です <( ̄^ ̄)>

 

今日も一日かかってこれだけ (´。`)

何か「音」がなるたびに「(-_-;)」モードです

 

 

 

【追記】

 

インターネットのメールも送受信できるようになりました

 

これ超ありがたい~ ヘ(^^ヘ)) ダダー.. ..((ノ^^)ウヒョウヒョヒョ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月30日 (水)

ぢゃかぢゃ~ん!!!!

Regza_phone 

 
 
 
 
 

はい、スマホ、でびぅだすぅ!!!!

 

連れのを1年間"□ヘ(^_^)ホレホレホレホレされて、いろいろと調べてきましたけれど、
最終的に、「お財布」「携帯メアドが使える」「防水」と来て、やっと「REGZA Phone」に
しました (^_^)v

お色は「メロウ・ボルドー」

金曜日に実機を見て、土日といろいろ考え、月曜日に予約
そしてその翌日になんちゲット!!!!

世間様では3ヶ月待ちとか、ショップによっては80人待ちとのウワサも。。。 (((((((・・;)サササッ

いやぁ、これはもうパソコンですな

使えるようにするのが大変

今日もパソコンとスマホと大格闘して、出来たのは「Twitter」だけ \(__ )

ガラケーからスケジュール移行でジタバタしました

SDカードに落としてみたり、「datalink」ソフトで書き出した「*.csv」で悪戦苦闘

結局諦めました (..)シュン

はぁ。。。

 
 

でも、頭使っていぢりたおすのって楽しい o(^o^)o

Regza_small

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月29日 (火)

ネコ、膀胱炎 (>_<)

朝からお尻を気にするトンキニーズ

なんか変!と監視すれども、なんだかんだでバタバタ


お昼過ぎにトイレに入るもオシッコした形跡無し!!

慌て主治医に直電

近くの救急に行け〜!!

ウギャ〜、また東大送りかと覚悟しました

検査結果は膀胱炎のひどいの

とりあえず抗生物質で様子見

尿閉起こしたら、即来いとのこと

んが〜、また福澤先生がぁぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローズ・クォーツ

Rose_quartzパワーストーンのブレスレットをもつ女性なら、大概の方がもっていらっしゃる有名な「石」

薄いピンクがとても優しい感じ

「癒される~」って感じでしょうかね

 

恋人関係だったら、お互いの信頼と理解を促し、二人の愛を促進するでしょう。
愛を引き寄せたい人には、一番の石かもしれません。」
 
だいたいこっちの意味ばかりが強調されていますが、
 
子供時代の、親の愛の欠如からくる「トラウマ」(アダルトチルドレン)。

親から愛されたことがないゆえに、自分は愛される価値がない人間だと思ってしまう。
そして愛を知らないがゆえに、どうやって人を愛したらよいか、どうやって愛を与えたり、
受取ればよいかが分からなく、苦しんでしまう。そして、他人から受け取る愛にいつも
期待や失望をもってしまう。

ローズクォーツは、心を閉ざしてしまった原因の傷(トラウマ)を癒し、愛することの喜び、
愛を受け取ることの喜びを思い出させてくれる石で、愛されたことがないゆえに、生きる
喜びを感ずることができない人のための石でもある。」
 
 
この意味を見つけて愕然としましたね
 
まさしく「σ(;_;)」
 
 
私を癒してくれるでしょうか。。。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネコも夢を見るのかしら

数時間前の午前0時半、ケージで眠って居た「目の見えない茶虎」が大声で叫びはじめた

ベッドから声をかけれど、止まず

眠剤でフラフラになりながら、ケージまで行 き、なで回す

落ち着くまでにどれぐらいかかったのかしら

眠剤フラフラ人間がお目目ぱっちりになってしまいましたとさ (´_`)

 

地震の時の夢でも見たのかしら
あんな大声で騒いだのは、初めてだわさ

 

あ、保護した時にもあんな風に叫んでいたっけ

 

なんかとっても怖かったのね
かわいそうに。。。

 
 

ちなみにご本人様は、残っていたカリカリさんを食べて、ぬくぬくと爆睡してあぞはります (-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月28日 (月)

体重

2月に3Kg↓

3月の地震後、3Kg↑

ストレスかなぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月27日 (日)

あぁあ

あぁあ

あぁあ

あぁあ

あぁあ

(以下自粛)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月26日 (土)

やっと

「F1」が始まった

バーレーンGP(先々週)がキャンセルになったため。。。

先々週は。。。思い出したくないよ。。。

 
 

あちこちで見かけた「がんばれ、日本」や「日の丸」

ありがとう>F1チーム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月25日 (金)

みんな、笑おうよ!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泣きそう>F1

ありがとう>ALL

http://f1-gate.com/driver/f1_11197.html

 

20110325japan_schumacher 我らがシューマッハ!

 

 

 

 

 

 

 

 

20110325japan_trulli かつてトヨタのドライバーだったトゥルーリ

 

ヘルメットの頭頂部には

 

「Don't give up TOHOKU!」 の文字が。。。(/_;) ウルウル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネギ飯

おネギと鰹節にお醤油をかけて混ぜ混ぜ

それをごはんの上に乗せて

上から熱したゴマ油をかけます

マジおいしいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電車許可っ \(^_^)/

地震以来、通院はタクシーでとの指示だった
破産するよ~

今日、主治医に尋ねたら、OKでた \(^_^)/

うれぴ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月24日 (木)

個人情報漏洩されたっ

あるサイトで買い物をしたら、そのサイトが「不正侵入」を受け、個人情報が漏洩し、人によってはクレジットカードを不正使用されたらしい

 

私はたまたま「代引き」で買い物していたので、クレジットカードの情報は漏れていなかった

でも個人情報が、流出したらしい (-_-;)

いったいぜんたいどうなるやら。。。 ふぅ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だるい。。。

何かが不足している

食べ物か? 塩っぱいもの? 甘いもの?

お買い物をしたかったけれど、我慢したせい?

理解不能。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月23日 (水)

お誕生日(推定)

今日は目の見えない茶虎のお誕生日(推定)

Kennya_2001_05  Kennya_2010_12

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2001年5月28日に保護した成長不良の仔猫

育つか育たないか、獣医さんと押し問答したっけ

仮に育ったらどうするかと聞かれ、私が連れてきたんだから私が死ぬまで責任を持ちますって宣言したっけ。。。
でも苦しむんだったら、ミルクか何かお腹いっぱいにして私が抱っこして、安心させて、そして眠らせてやって欲しいと半泣きだった

380gだった推定生後2ヶ月だった仔猫が今はもうすぐ5Kg

よく育ったね (うれし泣き)

 

ロシアンブルーのお兄ちゃんがよく面倒見てくれたね
トイレの仕方とか教えてもらったもんね。。。

Shuya_kennya_2001_06  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「育児用コナミルクを”ミネラルウォーター”で調乳するのは止めてください」

「育児用コナミルクを”ミネラルウォーター”で調乳するのは止めてください」

明治乳業のサイトです 

 http://www.meiji-hohoemi.com/mamapapa/history/0311index.html

 

---------- 以下引用 ---------- 

 

牛乳をベースにした人工栄養は、牛乳を薄めることから始まりました。これはヒトの乳に比べて牛乳のたんぱく質とミネラルが多かったことへの対応でした。大 変発育の早い赤ちゃんにとって、骨や身体を作り上げていく上でミネラルは大切な成分です。しかし過剰に摂ったミネラルは、赤ちゃんの未熟な腎臓を通して体 外へ排泄されなければなりません。しかし赤ちゃんの腎臓は未熟で、大人のように濃いオシッコを作ることができません。腎濃縮力が大人の半分、つまり、余分 に摂った不要のミネラルを体外に排泄するのに、大人の倍量の水が必要なのです。

ミルクだけを飲んでいる赤ちゃんを例にとり説明してみましょう。赤ちゃんが摂る水の量は、調乳時に使った水と、調乳液中の脂肪や炭水化物、場合によっては たんぱく質が体内で燃えてエネルギー源になった時に生じる水を合計したものです(おおよそ調乳液の出来上がり量と思って大差ありません)。一方体外に出て いく水は、オシッコとして出ていく水の他に、呼気中の水分や汗というものを考えておかねばなりません。

ミネラルの多い濃いミルクを与えられていた時代には、オシッコとして使わなければならない水の量が多かったために、気温が高く、汗としてあるいは呼気中に 出ていく水の量が増える夏季などには、水不足を起こし、発熱する例が見られました。そのものズバリ、「夏季熱」と呼ばれました。現在のミルクでは、電気透 析などの技術によって、母乳のミネラルバランスを参考にしながら、ミネラルを十分減らし、「予備水分量」が十分確保されていますので、このような心配はま ずありません。

ところで最近水に対する関心が大変高まり、コナミルクを"ミネラルウォーター"で調乳するお母さんが現れました。一口にミネラルウォーターと言っても、水 割り用にミネラルを強化したものから、ただの湧き水といったものまで千差万別です。過去には、"調乳用"とうたっているにもかかわらずミネラル含量の極め て高いものがありました。コナミルクのミネラル量は、水道水あるいは一般的な井戸水程度の硬度のもので調乳されることを想定し調製されています。どうして も容器入り飲料水を購入してコナミルクを溶かすという場合には、表示されているミネラル量の数値を比較して、是非"ミネラルの多くない"ごく"自然の水" を選んで下さい。さもないと、せっかくの脱塩の努力が無駄になってしまいます。

 

---------- 以下引用 ---------- 

 

 

【追記】

 

粉ミルクをミネラルウォーターで調乳する場合は、硬度100以下で、バナジウムやアルカリイオン水でないものを使ってください (森永乳業)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

被災地区のペットたち、大丈夫です

Twitter (朝日新聞東京社会グループの公式アカウント)より

------------ 以下引用 ------------ 

【被災された方へ】
被災地近辺の保健所などで保護されたペットが、数日間で殺処分されている、という噂がインターネット上などで広まっています。
環境省によると、事実ではない、と被災地の自治体に確認済みだそうです。

------------ 以上引用 ------------

 

「ペット」と言われようが、「家族」です
こういう「ウワサ」広めてください!!!!!! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「お水、買うな~!!!!!!!!!!」

乳幼児だけがペットボトルのお水を使えばよいのだっ

大人は飲むなっ

クリンスイでも買えばいいんだっ

警察官はお水を買い占めるジジババを逮捕してよしっ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

偉そうにさ

ここんところ、頑張っていろいろ書いているけれど、本人はヒドイ奴なんだよね

自己保身のためにテレビ画像を見ないという偽善
たまたま聞き知ったことを転載しちゃってさ
「節電」のお題目の下、掃除・洗濯、サボってさ
ちょっち揺れるだけでパニック発作起こしてる
医者の指示だとタクシーばかり乗ってさ、CO2ばらまいてる
自分だけ贅沢しちゃってさ

誰かのかけがえのない誰かの代わりに私が死ねば良かったんだよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「一人の百歩より、百人の一歩」

Twitter で流れてきた言葉

その通りだと思う

「何も出来ない」と焦燥感でつぶれてしまってはいけない
100円を100人が募金すれば1万円になる

何かを買う時に、「国内産」を買おう
もしもあれば「東日本産」のものを買おう

ちょっと高いけれど、頑張ろう>日本人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月22日 (火)

地域振興に貢献しよう

ということで、ネイルサロンに行ってきました
こんな時に不謹慎なと思われる方もいらっしゃるかもしれません

しかし、直接被害に遭わなかった私たちの出来ることは、募金することと、
「経済」を回していくことだと思います

みんなが「消費」を控えたら、日本経済は縮小してしまいます
それはめぐりめぐって被害者の方への支援が薄くなってしまうことだと思っています

地元でいつものように、いえ、頑張っていつもよりもお金を使うこと
そうすれば、地元のお店は活気が戻ります
利益が上がります
税金を納める額が増えます

みんな、ちょこっと「ぜいたく」しようよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「放射能漏れに対する個人対策」

http://www.irf.se/~yamau/jpn/1103-radiation.html

 

------------------ 以下長文引用 ------------------

===========================================
放射能漏れに対する個人対策

=== 転載自由(source code をそのままコピーして下さい) ===


放射能に関して、 放射線医学総合研究所(事故対策本部に加わった組織)を始めとして、多くのメディアや研究者が
『現在の放射能の値は安全なレベルである』
という談話を発表していますが、残念ながら、どの組織も
『どこまで放射線レベルが上がったら行動を起こすべきか(赤信号と黄信号)』
を発表していません。これでは近隣地域の人々の不安を払拭する事は出来ないと思います。行動を必要とする危険値や警戒値を語らずに『安全です』と 言ってそれは情報とは全く言えないからです。これは我々が取り扱っている宇宙飛翔体での管理についても言える事です(その為に宇宙天気予報があります)。
 そこで、少々荒っぽいですが、行動指針を概算してみました。科学的に厳密な予測は気象シミュレーションや拡散条件など多分野に渡る計算を必要と して、短い時間にはとても出来ないので、多少の間違いもあるかも知れませんが、緊急時ですので概算をここに公表します(3月21日現在)。


先ず第一に、刻々と変化する放射能に対してどう判断するかです。色々な研究所が上限値を出していますが、これが総量である事が問題です。というの も測定値は1時間当たりの値だからです。とりあえず、総量100ミリSv(Svはシーベルト)という数字で考えてみます。この数字は原子力関係者が緊急時 に受けて良いとされる政府基準・東電基準で(平時50ミリSvの倍、ちなみに国際基準は500ミリSvなので政府は今回に限り250ミリSvに引き上げ た)、更に妊婦を除く大人が受けても概ね大丈夫と科学的に示されている値でもあります( R.L. Brent の2009年のレビュー論文を参照)
 居住地付近での悪化に気がついてから脱出まで半日かかるとして、かつ状況が刻々と悪くなる事を考慮すれば、危険値は100時間で割るのが妥当ですから、
(1) 居住地近くで1000マイクロSv/時(=1ミリSv/時)に達したら、緊急脱出しなければならない = 赤信号。
という事になります。しかしながら、この値になって行動すると云う事はパニックを意味します。現在の値の変動幅を見るに、一桁の余裕を見れば数日の余裕があると考えられます。逆に言えば、1割以下の量を超えた段階で行動を開始するのが妥当で、
(2) 居住地近くで100マイクロSv/時(=0.1ミリSv/時)に達したら、脱出の準備を始めた方が良い = 黄信号。
という事になります。


第2に、妊婦に関する特別な考慮です。事故対策本部の放射線医学総合研究所に100ミリSv(総量)で大丈夫とありますが、これは正確ではありま せん。上にあげた R.L. Brent のレビュー論文(2009年)によると、100ミリSv(総量)というのは、1%以上の人が影響を受ける値です。つまり、安全値というより、むしろ、これ を越えると有為な差があるという危険値です。論文の Table 5 や Figure 4 論文を見ると、おおむね安全と言えるのは5ミりSv(総量)以下で、そこから100ミリSv(総量)まではグレイゾーンです。現に、大人の場合、同様に 『大人に明らかに影響がある』と言われる1000ミリSv(総量)に対して、原子力従事者の緊急時安全基準は1割の100ミリSv(総量)です。普通の人 が毎年放射能を受ける訳でない事を考えても、3割(30ミリSv)以下でおおむね安全と考えるのが妥当で、その事は上記論文の Figure 4 からも見て取れます。ということは、
(3) 妊娠初期(妊娠かどうか分からない人を含めて)の場合、居住地近くで300マイクロSv/時(=0.3ミリSv/時)に達したら、緊急脱出しなければならない = 赤信号。
(4) 妊娠初期(妊娠かどうか分からない人を含めて)の場合、居住地近くで30マイクロSv/時(=0.03ミリSv/時)に達したら、脱出の準備を始めた方が良い = 黄信号。
となります。
逆に言えば、(2)や(4)の1割以下(居住地近くでの値が、普通の人で10マイクロSv/時、妊娠初期の人で3マイクロSv/時)なら安心して良い事になります。ちなみに、放射能の影響は、細胞分裂の活発な若い人ほど深刻だと思われている(注:未確認ですので情報を持っている人はお教え下さい)ので、乳幼児や子供は妊婦と大人の中間になります(上記論文の表4参照)。


第3に、距離との関係です。チェルノブイリで問題になったのは事故現場からの直接放射でなく、そこで発生した高濃度の放射性噴煙が移動しながら出 す放射線でした。福島原発も、レベルは違うものの放射性ダストを外に出しています。というのも、燃料棒が壊れて、しかも開放弁を通して外気に直接触れてい るからです。水を被っていない燃料棒は、焚き火での焼けぼっくいと同じように、マイクロスケールでの崩壊(爆発)を繰り返して、それが放射能の濃淡を作り ます。この手のマイクロスケールの高濃度ダスト放出は自然界では普通に起きている事で、それ故に科学者でなくても多くの人が『そんなものだ』と感じている でしょう。このリスク計算がありません。
 地表と違って上空100mを越えると風は安定的にかなりの速さで吹いています。その場合、だいたい10m/秒という見積もりが良く(10km上空は50~100m/秒です)、この速度だと、高濃度の放射性ダストは(サイズにもよりけりだけど)数時間は拡散せずに放射能を出し続けます。一部の人が言っているように距離の逆自乗で減衰する事はありません。10m/ 秒とは時速約40kmに相当します。そのようなダストは原発現場でも高濃度の放射能を出しますから、現場で非常に高い値を記録したら、その風下の人間は緊 急に室内に退避しなければなりません。その警報が届くまでに2時間見積もる必要があり、そこから80km圏という数字が簡単に出て来ます。ちなみに、こう いう警報は日本語で出されますから、日本人(現状では1時間以内で対応すると思われる)と外国人とでは避難の速さが違い、その為に日米での退避半径が違う と考えられます(もちろん、避難範囲を広げると国が後日保証しなければならない人が多くなる、という事情もあるかも知れませんが、そういう政治的・裁判手 管的考察はここではしません)。
 ここで風向きをどう知るかが問題になります。要領は花粉予想や煤煙予想と同じなので、気象庁で出来るはずですが、残念ながらそこまで至っていません。ですが、海外の研究所がこの予報を出しています。日本全体は
ノルーウェー気象研究所(http://transport.nilu.no/products/fukushima)
が出していて、例えば地表のどこにダストが届くかは これ です。この予報は ノルーウェー気象研究所(http://www.yr.no/) の風向き予報(例えば東京だと
これ)に基づいています。
 もちろん、予報と実際の値は得てして違います。ですから、実際の地上での風向き(アメダスなどの観測値)も見る必要があります。この場合、地表 から上空1km程度まで、風向きがゆっくりと時計回りに変わる事(エクマン螺旋といいます)を考慮して、誤差を最大120度と見積もると、地表風向きに対 して(上から見て)時計回りに90度、反時計回りに30度の範囲が風下に当たります。


 さて、では福島原発での放射能の値がどれだけ上がったら室内退避をすべきでしょうか? 急速に運ばれた放射性ダストが、例えば朝凪夕凪になって居住圏にジグザグしながら浮遊するとして、2時間を想定すれば50ミリSv/時が危険値です。つまり
(5) もしも原発の近くで50ミリSv/時を越えたら風下100km以内(時計回り90度、反時計回り30度の扇形)の人は緊急に屋内に退避し、100km以上でも近くの放射能値情報に随時注意する = 赤信号。
 では警戒値はどの程度になるでしょうか? この場合、原発での測定が一ヶ所であることを考慮しなければなりません。局所的な高放射能雲なので、 一桁の誤差を見積もる必要があります。従って、緊急避難値の1割の5ミリSv/時という事になりますが、この位の値になると、原発正門(測定値のある所) では、事故現場からの直接放射の量が大きくて、浮遊性ダスト起源と区別がつきません。こういう時は変動幅を使うのが常套です。つまり
(6) もしも原発の場所で急に5ミリSv/時以上の変動が見られたら、風下100km以内(時計回り90度、反時計回り30度の扇形)の人はなるべく屋内に退避し、100km以上でも近くの放射能値に随時注意する = 黄信号。
となります。


 最期に、気象庁と原子力保安院への提言です。原発サイトの回りでの放射性ダストの分布を推定する為に
(a) 原発を取り巻くような形で500m程度離れた地点での放射能モニターを至急設置して欲しい。
(b) ダストと風の垂直分布と知る為に、気象ゾンデに放射能モニターを積んで、毎日数回、原発サイトの近くで打ちあげて欲しい。
これらの情報があるだけで、放射性ダストの行き先の予測が非常に楽になります。

written 2011-3-18
revised 3-19: (1)と(2)を追加
revised 3-21: (5)と(6)とラストを追加、放射性ダストの流れの予報サイトを追加、(1)~(4)に『居住地近くで』を追加、安全基準値に関するミスを修正。
山内正敏
スウェーデン国立スペース物理研究所(IRF)
(日本の研究者が研究室と学会(被災地の研究室)の復旧で手一杯のようですので、海外の私が敢えて発信する事にしました)
===========================================

単位について(Gy と Sv)

Sv = Q  x  Gy

で大抵は Q=1 です。但し、ソースの近く(原子炉の近くとか、放射性ダストの近く)では中性子の事があり、その場合はQ=10です。

 

------------------ 以上長文引用 ------------------

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月21日 (月)

焦った~

なぜか疲れがたまっていたので、お昼寝した

起きて、パソコンを見たら、字が見えない!

寝ぼけて違うメガネをかけているのかと思ったけれど、ちゃんとパソコン用のメガネをかけている

まじ焦りました

とりあえず、冷蔵庫からドライアイ用の目薬を差し、休憩

何とか見えるようになりました ほっ

やっぱり地震のストレスが体の症状として出始めているのかしらむ

 
 

みなさまも、お大事に!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

【ダライ・ラマ 心を訓練する八つの詩頌】

最高の目的を成就してくれるから
生きとし生けるもの全てを
如意珠にもまさるとみなしつつ
つねに彼らを愛しむことができますように

誰かと一緒のときには
つねに自分が最も劣っているとみなし
心の底から
相手を愛しみ、最高のものと思えますように

用心深くなって、自分と他者を危機に
おとしいれる煩悩が現れたら
ぐずぐずせずに
それに立ち向かい、退却させられますように

よこしまな性分の者が
暴力的で破壊的な行為にふけって苦しんでいるのを目にしたら
あたかも貴重な宝を見つけだしたように
そのような稀な者たちを愛しむことができますように

誰かが嫉妬から私をののしり
あざけるなどのことをしても
敗北は私が引き受け
勝利を相手にささげられますように

面倒をみてあげた相手や
大きな望みをかけた相手が
私をひどく傷つけても
その相手を、尊敬にあたいする導師とみなすことができますように

要するに、直接的であれ間接的であれ、あらゆる利益と幸福を
母なる生きとし生けるものすべてにささげて
生きとし生けるものの危害と苦しみすべてを
ひそかに私が引き受けられますように

それらが八項目の世俗的な
雑念に汚されることなく
あらゆる物事は幻であると知って
執着することなく、束縛から自由になれますように

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘れないように

忘れないように書いておこう

 
 

「卒業式を中止した立教新座高校3年生諸君へ。(校長メッセージ)
 
http://niiza.rikkyo.ac.jp/news/2011/03/8549/

 

---------------- 引用開始 ----------------

 

2011.03.17

    *  学校からのお知らせ

卒業式を中止した立教新座高校3年生諸君へ。

 諸君らの研鑽の結果が、卒業の時を迎えた。その努力に、本校教職員を代表して心より祝意を述べる。 また、今日までの諸君らを支えてくれた多くの人々に、生徒諸君とともに感謝を申し上げる。
 とりわけ、強く、大きく、本校の教育を支えてくれた保護者の皆さんに、祝意を申し上げるとともに、心からの御礼を申し上げたい。
 未来に向かう晴れやかなこの時に、諸君に向かって小さなメッセージを残しておきたい。
 このメッセージに、2週間前、「時に海を見よ」題し、配布予定の学校便りにも掲載した。その時私の脳裏に浮かんだ海は、真っ青な大海原であった。しかし、今、私の目に浮かぶのは、津波になって荒れ狂い、濁流と化し、数多の人命を奪い、憎んでも憎みきれない憎悪と嫌悪の海である。これから述べることは、あまりに甘く現実と離れた浪漫的まやかしに思えるかもしれない。私は躊躇した。しかし、私は今繰り広げられる悲惨な現実を前にして、どうしても以下のことを述べておきたいと思う。私はこのささやかなメッセージを続けることにした。
 諸君らのほとんどは、大学に進学する。大学で学ぶとは、又、大学の場にあって、諸君がその時を得るということはいかなることか。大学に行くことは、他の道を行くことといかなる相違があるのか。大学での青春とは、如何なることなのか。
 大学に行くことは学ぶためであるという。そうか。学ぶことは一生のことである。いかなる状況にあっても、学ぶことに終わりはない。一生涯辞書を引き続けろ。新たなる知識を常に学べ。知ることに終わりはなく、知識に不動なるものはない。
 大学だけが学ぶところではない。日本では、大学進学率は極めて高い水準にあるかもしれない。しかし、地球全体の視野で考えるならば、大学に行くものはまだ少数である。大学は、学ぶために行くと広言することの背後には、学ぶことに特権意識を持つ者の驕りがあるといってもいい。
 多くの友人を得るために、大学に行くと云う者がいる。そうか。友人を得るためなら、このまま社会人になることのほうが近道かもしれない。どの社会にあろうとも、よき友人はできる。大学で得る友人が、すぐれたものであるなどといった保証はどこにもない。そんな思い上がりは捨てるべきだ。
 楽しむために大学に行くという者がいる。エンジョイするために大学に行くと高言する者がいる。これほど鼻持ちならない言葉もない。ふざけるな。今この現実の前に真摯であれ。
 君らを待つ大学での時間とは、いかなる時間なのか。
 学ぶことでも、友人を得ることでも、楽しむためでもないとしたら、何のために大学に行くのか。
 誤解を恐れずに、あえて、象徴的に云おう。
 大学に行くとは、「海を見る自由」を得るためなのではないか。
 言葉を変えるならば、「立ち止まる自由」を得るためではないかと思う。現実を直視する自由だと言い換えてもいい。
 中学・高校時代。君らに時間を制御する自由はなかった。遅刻・欠席は学校という名の下で管理された。又、それは保護者の下で管理されていた。諸君は管理されていたのだ。
 大学を出て、就職したとしても、その構図は変わりない。無断欠席など、会社で許されるはずがない。高校時代も、又会社に勤めても時間を管理するのは、自分ではなく他者なのだ。それは、家庭を持っても変わらない。愛する人を持っても、それは変わらない。愛する人は、愛している人の時間を管理する。
 大学という青春の時間は、時間を自分が管理できる煌めきの時なのだ。
 池袋行きの電車に乗ったとしよう。諸君の脳裏に波の音が聞こえた時、君は途中下車して海に行けるのだ。高校時代、そんなことは許されていない。働いてもそんなことは出来ない。家庭を持ってもそんなことは出来ない。
 「今日ひとりで海を見てきたよ。」
 そんなことを私は妻や子供の前で言えない。大学での友人ならば、黙って頷いてくれるに違いない。
 悲惨な現実を前にしても云おう。波の音は、さざ波のような調べでないかもしれない。荒れ狂う鉛色の波の音かもしれない。
 時に、孤独を直視せよ。海原の前に一人立て。自分の夢が何であるか。海に向かって問え。青春とは、孤独を直視することなのだ。直視の自由を得ることなのだ。大学に行くということの豊潤さを、自由の時に変えるのだ。自己が管理する時間を、ダイナミックに手中におさめよ。流れに任せて、時間の空費にうつつを抜かすな。
 いかなる困難に出会おうとも、自己を直視すること以外に道はない。
 いかに悲しみの涙の淵に沈もうとも、それを直視することの他に我々にすべはない。
 海を見つめ。大海に出よ。嵐にたけり狂っていても海に出よ。
 真っ正直に生きよ。くそまじめな男になれ。一途な男になれ。貧しさを恐れるな。男たちよ。船出の時が来たのだ。思い出に沈殿するな。未来に向かえ。別れのカウントダウンが始まった。忘れようとしても忘れえぬであろう大震災の時のこの卒業の時を忘れるな。
 鎮魂の黒き喪章を胸に、今は真っ白の帆を上げる時なのだ。愛される存在から愛する存在に変われ。愛に受け身はない。
 教職員一同とともに、諸君等のために真理への船出に高らかに銅鑼を鳴らそう。
 「真理はあなたたちを自由にする」(Η ΑΛΗΘΕΙΑ ΕΛΕΥΘΕΡΩΣΕΙ ΥΜΑΣ ヘー アレーテイア エレウテローセイ ヒュマース)・ヨハネによる福音書8:32

 一言付言する。
 歴史上かってない惨状が今も日本列島の多くの地域に存在する。あまりに痛ましい状況である。祝意を避けるべきではないかという意見もあろう。だが私は、今この時だからこそ、諸君を未来に送り出したいとも思う。惨状を目の当たりにして、私は思う。自然とは何か。自然との共存とは何か。文明の進歩とは何か。原子力発電所の事故には、科学の進歩とは、何かを痛烈に思う。原子力発電所の危険が叫ばれたとき、私がいかなる行動をしたか、悔恨の思いも浮かぶ。救援隊も続々被災地に行っている。いち早く、中国・韓国の隣人がやってきた。アメリカ軍は三陸沖に空母を派遣し、ヘリポートの基地を提供し、ロシアは天然ガスの供給を提示した。窮状を抱えたニュージーランドからも支援が来た。世界の各国から多くの救援が来ている。地球人とはなにか。地球上に共に生きるということは何か。そのことを考える。
 泥の海から、救い出された赤子を抱き、立ち尽くす母の姿があった。行方不明の母を呼び、泣き叫ぶ少女の姿がテレビに映る。家族のために生きようとしたと語る父の姿もテレビにあった。今この時こそ親子の絆とは何か。命とは何かを直視して問うべきなのだ。
 今ここで高校を卒業できることの重みを深く共に考えよう。そして、被災地にあって、命そのものに対峙して、生きることに懸命の力を振り絞る友人たちのために、声を上げよう。共に共にいまここに私たちがいることを。
 被災された多くの方々に心からの哀悼の意を表するととともに、この悲しみを胸に我々は新たなる旅立ちを誓っていきたい。
 巣立ちゆく立教の若き健児よ。日本復興の先兵となれ。
 本校校舎玄関前に、震災にあった人々へのための義捐金の箱を設けた。(3月31日10時からに予定されているチャペルでの卒業礼拝でも献金をお願いする)
 被災者の人々への援助をお願いしたい。もとより、ささやかな一助足らんとするものであるが、悲しみを希望に変える今日という日を忘れぬためである。卒業生一同として、被災地に送らせていただきたい。
 梅花春雨に涙す2011年弥生15日。

立教新座中学・高等学校

校長 渡辺憲司

 

---------------- 引用終了 ----------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カセットコンロ

Iwatani今までお鍋は「IH調理器」を利用していました

さて、この度の震災
「節電」が大目標の中、こんな物は「非国民」 ヾ(^^;)

ネットで注文したのが5日前
ちょっち出遅れました (反省)

仕方がないので、お鍋は諦め、ヂッと我慢の子

 

ところが、今日スーパーに行ったら、なんと「イワタニ」のカセットコンロがあるではありませんか!!!!

お値段もそんなに高くない

連れに電話して「買いオペ」 (^_^;)

 

帰宅して調べたら、「新製品」
価格もネット最安値と少ししか違いませんでした (^_^)v

今夜から、お鍋三昧どぇ~すっ ヘ(^^ヘ)) ダダー.. ..((ノ^^)ウヒョウヒョヒョ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「インターネットをよく理解していない家族と、Twitterで連絡を取る方法」

「インターネットをよく理解していない家族と、Twitterで連絡を取る方法」

サイトは↓
  http://www.excite.co.jp/News/reviewmov/20110317/E1300308873900.html

「「非公開アカウント一つ作る⇒IDとPWを親戚一同と共有⇒ログインして書込むなり閲覧」し、Twitterをインスタント掲示板として使うというものです。」

 

ウチも老親に昨日、教えました

大変でした (>_<)

でも、今ならば、老親も携帯やメールが通じなかった「不安感」が強かったので、それなりに一生懸命取り組んでくれました

 

みなさんが、なさる時はご家族の携帯電話の取説をダウンロードして取り組まれることをお勧めします
ご存じの通り、携帯は機種によってボタンの位置も、いろいろな表示メッセージも違います

 

ちなみに、ドコモの「らくらくホン」(F-07A)では無事に「Twitter」出来、ブックマークも出来ました

 

「Twitter」のサーバーが落ちてしまうような災害が起きてしまえばそれまでですが、とりあえず、今、出来ることには備えるという意味ではお勧めしたいと思います

 
 

くれぐれもイライラせずに、根気を持って、固定電話でお話しながらが良いでしょう

 

「http://twitter.com/」をそれぞれの携帯にメールをすることから始められると良いと思います

それをクリックすればすぐに「ログイン画面」に行けます 

「Twitter」は一度ログインすると、わざわざログアウトしない限り、ブックマークすればすぐにそのアカウントを見ることが出来ます
いちいち、ログインする必要はありません

 
 
 

たまには、みなさまにお役に立ちそうなことも書いてみました ヾ(^^;)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

「テレビを捨て、街へ出よう」

震災から1週間が過ぎた

何が起きたのか、何が起きているのか、だいたいの方はお分かりになったと思う

 

さぁ、これからは自分が何が出来るか考えよう
テレビを見て泣いている場合ではない
原発の数字に一喜一憂してもどうしようもない
原発はプロに任せよう

 

まだ現地ボランティアや個人の物品寄付は受け付けられていない

節電しよう
買い占めなんかするなっ!
出来れば、お金を寄付しよう
健康な方は時々、定期的に献血しよう

そして「街に出よう」

地域経済に貢献しよう
地元から少しずつ日本を元気にしよう

日本という国が元気になれば、被災地にはより手篤い保護の手が届く

 
 

「テレビを捨て、街に出よう」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月18日 (金)

「トラウマ」?

あの日、私は病院にいた

今日、同じ病院に行ってきた

怖かった
心臓がドキドキして、足がガクガクした

申し訳なかったけれど、「黙祷」する余裕はなかった

逃げるようにタクシーで帰ってきた

主治医からはしばらく「電車禁止令」

電車が止まったら、それも駅ではないところで止まったらと思うとゾッとする
莫大なタクシー代がかかってしまうけれど、救急搬送されるような病人を作らないことが、今の私に出来る精一杯のことだと思う

本当に申し訳なさでいっぱいだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

被曝量

本年、私の被曝量 (((((((・・;)サササッ

胸部レントゲン 2発    100マイクロシーベルト
CT             6,900マイクロシーベルト

あははのは


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眠れない

朝5時過ぎぐらいまでは、(腹空かしバカタレに起こさされるまでは)、眠れていたのに、地震の後はまるでダメ (>_<)

ひどい時は1時に目が覚める
有名な「睡眠導入剤」を一服盛れども、4時が限界 (((((((・・;)サササッ

おまけに昨晩は、ケージのネコが「寒い~」と騒ぎ始め、2度起こされた

全然、寝た気がしない

 

私のビョーキは「寝る」のが薬だから、はなはだマズイ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月17日 (木)

子どもに判る解説

「うんち・おならで例える原発解説~「おなかがいたくなった原発くん」」

 
     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「物流」機能しています

みなさま、安心してください

一昨日、愛知からの宅配便が東京に届きました
昨日、愛媛からの宅配便が東京に届きました

青果市場も機能しています
築地市場も機能しています

 

「買い占め」に走らないでください

ティッシュペーパーもトイレットペーパーも1パックだけ買えば大丈夫です

電池もそうです

私たちが「買い占め」に走らなければ、それだけの物資が被害者の皆様に届きます

確かに不安」かもしれません
我慢しましょう

日本人全体に思いをはせてください
お願いいたします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月16日 (水)

「イギリス政府による福島原発事故の影響評価」

日本の政府発表も、マスコミも信じられなくなった皆さんへ

ココ↓を読んでください 安心してください

 

http://ikedanobuo.livedoor.biz/lite/archives/51688876.html

 
 

もしも、ご覧になれない方のために、以下、コピペします

 

---------------------------------------------

  • 1つの原子炉がメルトダウンしても、被害が出るのは50キロ圏内。2つ以上の原子炉がメルトダウンしても、被害はあまり変わらない。
  • 現在の20キロ圏内の避難勧告は、妥当な判断。
  • 専門家は、東京在住者への健康被害の可能性はないと見ている。
  • 専門家は、風向き云々ではなく、東京は距離的に離れているから健康には影響ないと見ている。
  • 原子炉が冷やされるにつれて、10日程度で状況はかなり改善する。
  • 日本の当局から出される情報は、多くの機関から監視されており、現在まで正しい情報を流していると見られている。
  • チェルノブイリとはかなり状況が違う。チェルノブイリの時は、原子炉がメルトダウンし、ケースが爆破し、何週間も炎上していた。チェル ノブイリの時でさえ、30マイル(50キロ)離れていれば、健康を守るのに十分だった。一番問題となったのは、被災した食料・飲料を食べて病気になったこ と。当時、食料の放射線レベルを測定したり、危険を知らせる試みは、全くなかった。
  • ブリティッシュスクールの校長は、学校を閉鎖し続けるか質問してきたが、原発を恐れ、閉鎖する必要はないと回答した。
  • ヨウ素に関して、専門家は、多量の放射線や被災した食料・飲料を取り込んだ際に限り必要となるもので、長期にわたり、ヨウ素を体内に取り込むのは、どんな場合であっても、不健康。
 

---------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤバイ「発作」

クニャクニャと倒れる「発作」が頻発していて、「要注意人物」だったのだけれど、昨日、ついに「ヤバイ発作」を起こしたみたい

「みたい」というのは一人で居たため、目撃者が居ないということ

但し、「証拠」はある

宅配便のオニィチャンが来訪されたベルの音の記憶がない
我が家のインターホンは「広大な」家のどこに居ても分かるように、どんなにお昼寝で爆睡していても、気がつくような「轟音」に設定してある

そしてこのインターホン、賢くて来訪者の顔と時刻をカラー液晶で保存してくれている

私は宅配便が、宅配ロッカーに入れられた「轟音」に気がついた
「ま~た、オニィチャン、部屋番号間違えて~」と思って、荷物を取ってきた

届いたのは「ソーラー充電器」、アダプタがいっぱい付いていて、なんでも充電できる優れもの (^_^)v

そんなことはどうでもいい

そして夕方、ふとインターホンを見て凍り付いた
「来訪者有り」のLEDが点灯していた
確認してみると、ちゃんと宅配便のオニィチャンが映っている
荷物の不在配達カードと時刻はほぼ一致

顔から血の気が引くのが感じられた

「ヤバイ発作」だ

完全に意識がなくなっている
そして私自身はそれを自覚できていない

すぐに主治医に連絡を取った

とりあえず、次の診察日まで「不要不急」の外出はしないこと、電車には乗らないことを言い渡されてしまった

 

「要注意人物」→「危険人物」

世間様は非常事態だというのに、申し訳ない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月15日 (火)

「祈り」

ヒマさえあれば、お祈りをしている

別に特定の宗教ではない

 

被災地の救出作業、復旧作業などが順調に進みますように
被害にあわれた方が最善のプロセスを経て快方に向かいますように
大難が小難に、小難が無難ですみますように
世界に真の平和が訪れますように
世界の平和に貢献すべく私自身の心が愛と平安に満たされます様に
愛のひかりを送ります

世界人類が平和でありますように
生きとし生けるものがしあわせでありますように

 

今の私に出来るのは、これぐらいだから。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月14日 (月)

「被害」

Jishin_a_2011_03_11微々たるけれど、我が家の被害

納戸部屋が大崩落

お薬とネコのご飯だけ、発掘 (´。`)

 

揺れているのか、発作でフラフラしているのか分からないです (>_<)

 
 

先端が曲がってしまった「東京タワー」

Jishin_b_2011_03_11_2














地震以来、「消灯」しています

 

当然、我が家も「節電」
但し、病気にならないように気をつけています

発作が起きないことも祈っています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月13日 (日)

「発作」

金曜日の地震直前に起きた「発作」がまた起きた

昼食の支度をしていたときのことだったらしい
私ははっきりとした記憶がない

連れによれば、「フラフラする」と言った後、座り込んで倒れたらしい

話はするが体は動かない状態だったらしい

起き上がれるようになって、主治医に連絡
とりあえず病院に行けと

少し休んで、タクシーでかかりつけの大学病院へ
歩けるのに、この大変なときに、救急車を呼ぶなんて思いもしなかった

事前に病院に連絡しておいたのでスムースだった

点滴して、心電図、CT、血液検査
異常なし

 

しかし、いつどこでこの「発作」が起きるかと思うと、困った
電車に乗れないぢゃないか。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当に怖かった その6 (帰途)

出はいりしていた病院の方が、一部の地下鉄が動いたと知らせてくださった

既に、猪瀬副都知事の「つぶやき」で都営地下鉄が動くことは把握していた

それならば帰宅できると判断
主治医に伺ったところ、大丈夫でしょうとのご判断

焦らずにゆっくりと行動するようにとのご注意の元、帰途についた

 

地下鉄に行く途中、大勢の人とすれ違ったが、皆、途方に暮れたように歩いていらした
地下道を歩いていて、風が動いていることが分かった
子供の頃から地下鉄で学校に行っていたので、電車が動いていることが本能的に分かった

駅に着くと確かに動いている

すぐに私の乗りたい地下鉄が来た
それほど混んでいない
途中、繁華街の駅があったけれども、殺人的な混み方ではなかった

なぜか、地震で止まるとは全然思わなかった

無事に乗換駅に到着

乗換駅では人々が疲れ、階段に座り込んでいらした
その光景にものすごく「不安」と「恐怖」を感じた

次の地下鉄の駅に行くとシャッターが閉まっていた
「マジ?!」と焦ったが、人々が一カ所に集まり、整然としている
駅員の説明する声も聞こえない
雰囲気は悪くはなかった

直後、一カ所のシャッターが開いた
そう、私がそこに到着した瞬間に駅が開いたのだった

粛々と人々はホームに向かう
途中、駅員や警察官により、入場規制がひかれ、ホームも整然としていた

地下鉄はなかなか来なかった
駅のホームなのに携帯は圏外になったり、電波が入ったり不安定だった

アナウンスは次の電車がどこにいるかこまめに知らせてくれ、じっと待っていられた

やっと来た電車はそんなに混んでは居なかった
途中の駅ではかなり混んだりしていたが、無事に最寄り駅に着くことが出来た

最寄り駅には、運転再開を聞きつけた人々が続々と集まり始めていた

そして歩いて帰宅
マンションの非常階段の場所は連れからかろうじて届いたメールで分かっていたが、真っ暗で怖かった
携帯の灯りを頼りに、一段ずつ足で探りをいれながら上った

そして玄関のドアを開けた瞬間、へたり込んでしまった

連れもネコも無事だった

 

ちなみにデパートにいた母も地下鉄で午前2時頃無事帰宅

 
 

長文、失礼いたしました
でも、忘れる前に、一つ一つを書き留めておきたかったのです

書くことによって、追体験し、それを自分で納得し、何かを吐きだしてしまいたかったのです

ある意味「ストレス」解消でしょうか

コレを読んでご不快になられた方がいらしたら、心よりお詫び申し上げます

 
 
 

亡くなられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げます

被害に遭われた方に心からお見舞い申し上げます

 

地球と、心と体がキズ付いた方々のために、私は祈り続けます
それが私に出来る唯一のことではないかと、今は、思うからです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当に怖かった その5 (地震その後、その2)

病院に戻り、主治医に「ヴァーム」を渡し、感謝された
ちょっと嬉しくて心が緩んだ

「災害掲示板」とかいうものに投稿しておいた返事が来るようになった

メールは時たま5~6通まとめて届くようになっていた

Twitter で友人達が情報をくれる
ありがたかった

母がデパートに行っていることが分かった
年寄りだから心配だったが、いる場所が広域避難所に指定されていたので、まぁ大丈夫だろうと思った

届くかどうか分からなかったが、親戚達にメールを送った

あとは、余震におびえながら、ずっと Twitter を見ていた

患者さん達も帰ることが出来ず、不安そうにしていた
女の子達に食事をするようにアドバイスをした

一人の子は外に出られないと言ったのでパンをあげた

この段階で、病院にお泊まりを覚悟していた
主治医も交通機関が動いていない中、女性達を放り出すような無責任なことはされないと勝手に信じていた

余震の続く中、重苦しい沈黙が続く

携帯は予備バッテリーで充電しながら、Twitter を見ていた

連れとは Twitter で連絡を取り合っていた
歩いて帰れる距離に会社があるので、帰途についてくれることになった

私はなすすべくもなく、Twitter を見ているだけだった

(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当に怖かった その4 (地震その後、その1)

非常階段を下り、外に出た

おそるおそる周囲を見渡した

崩れている物は見あたらなかった
周囲の人は皆立ち止まって、携帯をいじっている

薬局に処方箋を出し、私は今すぐに何をすべきか猛スピードで考えた

病院の建物は無事
主治医には病院に止まるように指示された
病院は停電していない
トイレは使える
お水もある

次は食料だ

私が食べなければと思った

目に付くパンをいろいろと買った
現金は必要だから、スイカで買った

立ち食い蕎麦屋さんが営業しているのを見つけたので入った
「唐揚げ蕎麦」を食べた
「立ち食い蕎麦」初体験

次に病院にいる人の食料のことに気がついた
ドラッグストアに行って「ヴァーム」を1ダース買った
買い占めてはいけないと思った

お薬を受け取り、病院に戻った

(続く)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当に怖かった その3 (地震直後)

揺れが終わった後、何分へたり込んでいたのだろう

抱きついていた女性は少し平静さを戻し、「すみません、すみません」と謝っていた
「大丈夫、みんな怖いから」と言って背中をさすっていた

そうしていたら、院長先生が非常階段を駆け上がっていらした

「みんな、大丈夫? ケガしていない?」

私は先生に、一緒にいらしている方の様子を一言伝えた
なんて言ったのかは覚えていない
先生はすぐさま事態を把握され、彼女を看護婦さんの元へと連れて行かれた

私はコートとカバンを受け取り、椅子に座っていようとした

しかし、次から次へとくる余震
怖くて椅子に座っていられなかった
床にへたり込んでしまった
「腰が抜ける」というのは、あのような状態を言うのだろうか

携帯をとりだし、連絡を試みるも通話は当然ダメ
メールもダメ
「Twitter」が機能している

とりあえず、自分の無事を「つぶやく」

そうしたら、私のカウンセリングの先生がいらした
私に声をかけてくださり、私は先生の声を聞いて少し落ち着いた

そして私がお願いしたのか、先生が用意してくださったのか、私はノートパソコンを1台お借りすることができた

ニュースサイト、各交通機関、気象庁などなどのサイトに接続していった
Twitter にNHKのテレビを 「USTRAM」されているサイトが紹介されていたのでそれにも接続

それを低い音量で流していたら、主治医が診察するぞ~と呼ばれた

そして診察
主治医はいつもよりユックリとお話しをされていた
私が興奮しているのがお分かりになったのだろう
地震のことはそんなに触れず、倒れたときのお話しをしてくださった

少し不整脈があったらしい
血圧も低かったらしい

お薬が少し増えることになった

交通機関が止まっているので、病院に止まっているように指示された

そしてお会計を済まし、お薬をいただきに、外へ出た

(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当に怖かった その2 (地震)

エレベーターのところに来たときだった

体がフラフラし始めた
あれ?、また倒れるのかな?と思ったら、周囲にいらした方が、「地震!」と叫ばれた

揺れる、揺れる
振幅の幅がハンパではない
まるでお盆に乗せられて、左右に大きく振られているようだった

カウンセラーの先生が、非常口を開けられ、エレベーター前の花瓶を必死に手で押さえていらした

私は座り込んでしまった

 

エレベーターは何か音を出したのだろうか、止まった

 

停電はしない

 

もう一人の女性の患者さんが「怖い、怖い」と叫ばれていたので、抱きついて「みんな一緒にいるよー!!!!」と叫び続けていた

あれは絶対叫びながら自分に言い聞かせていたのだと思う

もう収まるだろう、もう収まるだろうと思えど、揺れは続く
何分揺れていたのだろう
「ついに東京の地震が起きたか」という思いが駆け巡る

揺れが長引くにつれ、本当の恐怖心がわいてきた
これから何が起きるのだろうという本物の恐怖心

確かに生きていく上で、次の瞬間に何が起きるか分からない
そういう意味では怖いと思う
だけれども、あの地震の最中は「これからどうなるんだろう」という本物の心の底からの恐怖心があった

抱きついている女性はパニックになっていた
「助けて~!、助けて~!」と叫んでいた
頬を寄せ、「いるよ~、いるよ~」と叫びつつ、私は一人じゃないんだと自分に言い聞かせていたんだと思う

果てしなく続いたような気がした地震もようやく収まる時が来た

私は呼吸をしていたんだなと思えるほど、何も分からなかった

エレベーターの前に倒れ込んでいた

(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当に怖かった その1 (地震直前)

「あの地震」の時、私は心療内科のクリニックにいた

カウンセリングが終わり診察を待っているときに、急にひどい目眩に襲われた
フラフラと受付カウンターに行き、「フラフラする」と言った後は崩れるように倒れた
「すみません」「すみません」とつぶやけるのだけれど、体に力が入らない

受付の方が側にいらして、椅子に座らせてくださった
ちょうどそこに主治医が出てらして、「あらあら」と仰った後、脈をとられた

そう、耳も聞こえるし、何をされているのかも分かるのだけれど、体だけがグニャグニャで、目の前が真っ暗

主治医が「ゆーっくり、息を吸って、吐いて」と仰った
その通りに出来た

そして車いすで、「点滴ルーム」へ運ばれた
ベットには少し自分の力も出せて、寝かせて頂いた

横になっているのに、グルグルと天井が回り、足下もフラフラする
まるでジェットコースターに乗っているようだった

看護婦さんが優しく声をかけてくださり、額に冷たいタオルを乗せてくださった

どれぐらい時間が経ったろうか、ふとツナサンドの薫りがしてきた
これから点滴を受ける方がお腹が空いて食べていらしたようだ

無性にお腹が空いてきた
その頃には座っていられた
立ち上がってもフラフラしなくなっていた

看護婦さんにお話しをしたら、お向かいのコンビニで何か買ってきて食べなさいとのこと

お財布と携帯だけ持って、ブーツを履き、コートを着て、エレベータの前に行った

 

その時だった

(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

メンタルヘルス

「怖い体験をした方はそれを誰かに話してください。話を聞く方は「怖くないよ」ではなく「怖かったねぇ」と受け止めてください。できれば手を握ったり抱き締めたり。怖いという感情を受容し、許可してほしいのです。今できる最善の事です。」 (Twitter より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月12日 (土)

カップ麺、枯渇〜

カップ麺、枯渇〜
開店直後のスーパー (^_^;)

カートが無いほど

ちなみに、我が家は備蓄有ります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金)

無事、帰宅

3匹のネコのうち、トンキニーズだけがビビっています

食器棚の中でちょと土砂崩れ (/_;)

ブラックホールは立ち入り禁止モードです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

号外

号外
なすすべくもなく…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大地震

心療内科に足止め なぅ

食料、飲料水、トイレ、薬、主治医まで完備 (>_<)

みなさま、私は大丈夫です

被害の少ないことを祈ります


ネコが心配!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

「瞑想」

とても深く「瞑想」できた気がする

そして「物」や「形式」よりも大切な「ナニカ」に気がついたような気がする

いろいろなものに「感謝」

「ありがとう」
「ありがとう」

 
 

とってもシアワセ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お疲れ様! スペースシャトル・ディスカバリー号

日本時間の今朝2時頃、最後のミッションを終え、無事ケネディ基地に着陸

ありがとう>ディスカバリー号

 
 
 
 
 
 
 
 

思えば、スペースシャトルは2機が尊い人命(14名)とともに失われている

 

1986年1月28日、チャレンジャー号が射ち上げ直後に空中分解してしまった (7名死亡)

2003年2月1日、コロンヒア号が大気圏突入時に空中分解してしまった (7名死亡)

 

 

他にも宇宙開発の際に多くの人命が失われている

 

 

だから、ディスカバリー号が無事に最後のフライトを終えたのが嬉しい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内科受診

38℃の熱発が3日続いたので、やっとこさ行く気になった (。_・☆\ ベキバキ

被爆2発(今年お初だなぁ)→異常なし (えがったぁ)
採血(試験管9本)、見た瞬間、気が遠くなりました (-_-;)

最終結果は来週

っつーことで、来週は水・木・金と「お病院さま」 (((((((・・;)サササッ

かんべんしとくれ~
病気になるぅ ヾ(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)

しんどい~

しんどい→食べられない→体力落ちる→すぐ風邪を引く→熱発→しんどい
無限連鎖中 (´。`)

2月1ヶ月で3Kg↓は嬉しいのだけれどねぇ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 8日 (火)

キャットショーの写真整理

2月26、27日と神戸で開催されたキャットショーの写真整理 (´。`)

調子に乗って「連写」で撮っていたら、1200枚!
当然、全プリできるわけでもなく、それぞれのオーナーさん別に「整理」

またこれがワケワカラン!!!

同じ品種の同じような毛色のネコだらけ (>_<)

ショーカタログと審査ゲージのナンバーを見比べて整理
それもよく撮れているのだけ選別

マヂ疲れた~

ちなみにものすごい枚数なので、印刷はヨドバシ行き決定~ ヾ(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月)

気持ち悪い~

雪=低気圧=気持ち悪い=拒食

晩ご飯の支度できるかしら (´。`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぎゃ〜

ぎゃ〜
また、雪だぁ〜

勘弁して〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

「ラリマー」!!

取り憑かれています (。_・☆\ ベキバキ

詳しい方に伺うと「石が呼んでいる」状態だそうです

私の感じとしては、「ネコが歩けば、ラリマーに当たる」モードです (^_^;)

大興奮!!!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土)

春〜♪

春〜♪
なんか嬉しい〜♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 4日 (金)

びっくりした~

またもや、今朝方3時頃、なんだか苦しくて目が覚めた

もぞもぞと動いていると、左腕が「無い!」
左肩から先の感覚が全く無い
存在が感じられない!

半分パニックになって、右手を振り回していると、左腕は万歳して頭の上にありました
右手でつかんでも、左腕は「無反応」
持ち上げてみて驚きました
「腕って重い」

そ~っと左脇におろして、しばし擦っていると感覚が帰って来ました

頭の中は「?」でいっぱい

幸い、左足に異常は感じられないので「頭」の問題ではないなと勝手に判断

 
 

朝一番にいつもの整骨院に飛び込んで伺ったら、「正座」してしびれる、「血行不良」が原因でしょうとのこと
そういうときは擦っていれば良いんですって

 

いやぁ、本当にパニックでした~ (^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 3日 (木)

明かりをつけましょ♪

Tokyo_tower_2011_03_03ちゃっぷいので、三脚だしぇましぇ~ん (。_・☆\ ベキバキ

Google_hinamatsuri_2011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さぶい

明け方3時に目が覚めた

さぶい!

腕を触ると冷たくなっている (((((((・・;)サササッ

エアコンを入れたけれども、眠れない

がるるるる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 2日 (水)

忘れてた (^_^;)

Nail20110222すっかり忘れていました (^_^;)

今のネイル

とっても大好きな「ラリマー色」のベースに「サクラ」のシール
シールはキラキラしています

とってもきれいです~

マイブームはこの色かな~

Larimar

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いやになっちゃう

お行儀が悪かったのは反省するけれども、ヒザにヒジを乗せていたら、それだけで「赤アザ」のデカイのが。。。

人様に見せて歩く足ではないからいいけれど、いやんなっちゃう (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

お誕生日~♪

Kamui_up今日はトンキニーズのお誕生日

2004年生まれだから、7歳になる
人間ならば40代半ばのオッサン (^_^;)

本当にこのネコのおかげで世界が広がりました

初めてのキャットショー
日本で避妊去勢済みのトンキニーズとしてはトップとなり(2006年~2007年)、世界では同じクラスで6位となりました

とても素敵なブリーダーさんやネコ友達も増えました

ありがとうね

 
 
 

思えば、2004年2月28日、そうこのネコがこの世に生を受ける前日に、大切な大切なロシアンブルーが急逝しました

気が狂うかと思うほど泣きました

あの子の生まれ変わりだという気がしてなりません

 

みんな、ありがとう

Shuuya_2003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「軽擦」(ケイサツ)

両足のふくらはぎは湿布の張りすぎでポツポツと内出血 (>_<)

整骨院での治療は「軽擦」(ケイサツ)という方法に変更
文字通り、軽く擦るだけ
これは治療に時間がかかるらしい (>_<)

まだ足はつりそうです (/_;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »