« 体重推移 | トップページ | なんか »

2011年8月19日 (金)

「お詫び」

私は今まで、このブログという小さな場所でいろいろと書いてきた

まぁ、ほとんどが「しょーもないこと」

しかし、「福島原発事故」に関しては、そうはいかない
知識がないために(「原子力」というものを教育してこなかった政府の責任だが)、異常なパニックを起こしている人々に少しでも「安心」していただけたら、という「スタンス」で来た

しかし、再び、「しかし」、その根拠としていた「大本営発表」がことごとく違っていることが露呈しつつある

地震直後には「メルトダウン」が予想されていた
冷却系統が把握されていなかった
もう少し早く「VENT」すれば、被害は少なかった
等々

後から、後から、チョロチョロと。。。子供の言い訳か!

 
 

今更、激怒しても、時間はさかのぼれない

あの時、私はこう言うべきだった

 

「妊婦さんと子供のいる家族は永久に福島(及びその近辺)を離れてください」
「復興はそれ以上の世代が行ってください」

 

間違えていました
この場を借りて深く反省し、心からお詫びします
申し訳ございませんでした

 
 

ついでに、申し上げるならば、中年以上の方々が「古米」や「お水」を買い占めるのは、断じて止めていただきたい
「内部被曝」の影響が出るのは、おそらく数十年単位になるでしょう
その頃にはもう「寿命」をお迎えのはず

もちろん、私も「内部被曝」しているはずです
しかしその影響が出る頃には、もう死んでいるはず
偉そうなことを言うわけではないけれど、東北産と見かけると高価でも買います
もっと流通させてください

話がそれました 

検査するというならば、子供達からして欲しい
検査したからといって、蓄積された放射性物質が減るわけではないが、その後の治療(?)に役に立つのではと思う

何度も言わせてください
「子供優先!」と

つまり「ジジババは後回しでよい」

 

ちなみに申し上げておくけれど、私は本来は「原発反対派」です
しかしながら、これだけ電力に依存してしまっている社会生活の中で、代替発電設備がないのも事実
とりあえず火力発電所などはあるけれど、「地球温暖化」の観点ではこれも薦められない
今日言って、明日新システムの発電所が出来るわけではない

今は稼働させるしか仕方がないのではと思います

 

ダラダラと書きましたが、とりあえず、これをもって私の「お詫び」とさせていただきたい

 

「国家」の発表が間違っている
そんな国にしてしまったのは私たち有権者の責任
たかが小さな一票だけれども、これからはより一層厳しく判断して投票したいと思います

 

最後まで、お付き合いいただきありがとうございました






 
 
 

|

« 体重推移 | トップページ | なんか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「お詫び」:

« 体重推移 | トップページ | なんか »