« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月15日 (金)

「夢」

もう手の届かない「夢」

みんなたくさんあると思う
生きていくということは、「夢」を一つずつ諦めていくことな気がする

もう、今更何千万円ものお金が自分のものになることはない

同級生でその夢を達成した人がいる
本人は努力だという
がんばったんだと思う

私にはもう無理

「宝くじ」で「夢」を追う人も多い
当たる可能性はないのに…
虚しくなる
すがりたいのだろうな

どっかで知らないおじさんから遺産でも舞い込まないかな
なんて考えている私はもっと虚しい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月14日 (木)

悔しかったなぁ

その昔、骨髄バンクにドナー登録していた

ある時、私の型が適合する患者さんがいると連絡がきた

こんな私でもお役に立てると嬉しかった

3回ぐらいかな、追加で血液検査をした
最後の検査は日赤のセンターまで行った

結果は非適合

残念だった
ものすごく悔しかった

その患者さんに適合するドナーは見つかったのだろうか…

見つかって、無事に移植できて、元気に暮らしていらっしゃることを祈るばかり


ドナー登録中は結局お役に立てなかった


後は、「脳死」になることを願うばかり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月12日 (火)

3・12

2011・3・12

忘れてはいけない

長野 栄村 震度6

過疎は一層進んでいるらしい

江戸時代は貧しかったろうけれども、藩としては経済が成り立ち、幕府に納めていたのに
その産業はどうなってしまったのか?

地方産業、なんとかならんのか…


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月11日 (月)

2年

「あの日」から2年

20年経ったらどうだろうか…

200年あればFUKUSHIMAも収束しているだろう


私は死ぬまで「あの日」を忘れない


3月になってから、急に東北に目を向けるマスコミに腹が立つ
私だって24時間思っているわけではないけれど、2月との差に愕然とする

被害だって東北だけじゃない
千葉だって液状化で大変なことになっている


東日本大震災の直後に起きた長野の大地震はその後どうなったのだろう


一つだけ確かなことは、私には何も出来ないこと

祈ることしかできない
多くの人々の心に一瞬でも平安のきたらむことを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月10日 (日)

「煙霧」

「煙霧」


いわゆる土埃らしいけれど、半端ない

口のなかが粉粉する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 8日 (金)

リラタン

リラタン


なかよし〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 7日 (木)

明日

退院します

薬石郊があるわけでもなし、いつまでもいられるご身分でもなし、タイムオーバーというところでしょうか


仕方ないです、ハイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »