« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月21日 (火)

柴 カワイイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月18日 (土)

「1992年の東京の日常風景」

今日はビアンキ選手の冥福を祈りつつ、もう一個


NHKとSONYが作っていたらしいハイビジョン画像らしい

今となっては珍しくもない画質だけれども23年前のだから
ファッションとかビルの看板とかもう「昔」

SONYも落ちぶれたなぁ。。。 







| | コメント (0) | トラックバック (0)

R.I.P. Jules Lucien André Bianchi

昨年10月5日鈴鹿で開催されたF1

「折しも台風18号が近づく中、レースはセーフティーカースタート」

ビアンキ 頑張れ  (書きかけ)

 

祈っていたのですが。。。。

A Statement from the Bianchi Family

--------

A Statement from the Bianchi Family

Nice, France
Saturday 18 July 2015
02.45hrs France │ 01.45hrs UK

C’est avec une profonde tristesse que les parents de Jules Bianchi, Philippe et Christine, son frère Tom et sa
soeur Mélanie, tiennent à annoncer le décès de Jules survenu hier soir au Centre Hospitalier Universitaire
de Nice, en France, où il avait été admis à la suite de son accident sur le circuit de Suzuka, lors du Grand
Prix du Japon le 5 octobre 2014.

« Jules s’est battu jusqu’au bout, comme il l’a toujours fait, mais hier, sa bataille a pris fin », a déclaré la
famille Bianchi. « Nous ressentons, dit-elle, une peine immense et indescriptible. Nous voulons remercier
le personnel médical du CHU de Nice, qui l’a soigné avec amour et dévouement.

« Nous voulons également remercier le personnel du Centre Médical Général de Mie au Japon qui a pris
soin de Jules immédiatement après son accident, tout autant que tous les autres médecins qui se sont
impliqués dans le combat qu’il a mené au cours des mois passés.

« De même, nous souhaitons remercier les collègues de Jules, ses amis, ses supporters et tous ceux qui lui
ont prouvé leur affection au cours de cette période. Ils nous ont donné la force nécessaire pour résister
dans ces moments terribles. Les écouter, lire leurs très nombreux messages nous ont montré comment
Jules avait suscité une affection si profonde auprès de tant de personnes de par le monde.

«Nous vous demandons de respecter notre intimité durant ces heures très difficiles, au cours desquelles
nous essayons d’affronter la perte de Jules.


--------

Biamchi











「この知らせをお伝えしなければならないことはジュール・ビアンキの両親、フィリップとクリスティーヌ、姉メラニー、弟トムにとって悲痛ではありますが、 F1日本GP開催中の鈴鹿サーキットで2014年10月5日に発生した事故後に入院していたニース大学付属病院で、昨夜、ジュールが永眠致しました」

「ジュールはいつも通り、最後の最後まで戦い続けましたが、本日、彼のバトルは終わりを迎えました。我々の悲しみはとてつもなく大きく、言葉では言い表せません」

「たくさんの愛と、献辞を持って彼のケアにあたってくれたニースのCHUの医療スタッフの方々には心から感謝申し上げます。そして事故直後にジュールの治 療にあたってくださった三重県立総合医療センターのスタッフの方々をはじめ、過去数カ月に渡ってジュールの治療に携わってくださった医師の皆さまにも感謝 申し上げます」

「さらに、ジュールの仲間たち、友人、ファン、この数カ月を通してジュールに愛情を注いでくださった皆さまに深く感謝しています。皆さまの思いは、私たち 家族にとってとてつもない強さとなり、非常に難しい時間を過ごす中で大きな助けとなりました。数多くのメッセージを頂き、ジュールが世界中の大勢の皆さま にどれだけ愛されていたかを実感しました」

「私たちはジュールを失った現実と向き合っています。どうか家族のプライバシーを尊重してくださるようお願い申し上げます」

http://f1-gate.com/bianchi/f1_27866.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月16日 (木)

\(^_^)/

長旅に出ていた友人が無事に帰国(ほぼ)

病気持ちだったからすごく心配だった

サイトでいろいろ調べたり。。。

\(^_^)/\(^_^)/\(^_^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月13日 (月)

Pippa's Song   春 の 朝

The year's at the spring

And day's at the morn;   

Morning's at seven;    

The hill‐side's dew‐pearled;   

The lark's on the wing;   

The snail's on the thorn;

God's in his heaven ― 



時は春、

日は朝(あした)、

朝(あした)は七時、

片岡(かたをか)に露みちて、

揚雲雀(あげひばり)なのりいで、

蝸牛(かたつむり)枝に這(は)ひ、

神、そらに知ろしめす。


----Robert  Browning

----上田 敏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »