« 無題 | トップページ | 2015年 »

2015年8月25日 (火)

「ジャスティン・ウィルソン、インディカーの事故で死去」

http://f1-gate.com/indycar/justinwilson_28227.html

ジャスティン・ウィルソン


ジャスティン・ウィルソンが、日曜日のインディカーの事故で亡くなった。37歳だった。

ジャスティン・ウィルソンは、ポコノで行われたレースレース後半、クラッシュしたセイジ・カラムのマシンのボディーワークの大きな破片がヘルメットに直撃。直後にノーズからバリアに激突した。

すぐに安全クルーが現場に駆けつけ、頭部に外傷を負ったジャスティン・ウィルソンは、こん睡状態でリーハイバレー・ヘルスネットワーク・シーダークレスト病院にヘリコプターで搬送された。

しかし、意識が戻ることはなく、現地時間24日の午後に息を引き取った。

「誠に残念ながら、ジャスティン・ウィルソンの両親、キース、リン、妻ジュリア、弟ステファンは、8月23日(日)にポコノ・レースウェイで開催されたベライゾン・インディカーのイベント中に負傷したジャスティンが本日亡くなったことをお知らせ致します」

「ジャスティンは愛情深き父であり忠実な夫であるとともに、仲間たちから多くの尊敬を集めた競争力の高いレーシングドライバーでした」

「ウィルソン家はリーハイバレー・ヘルスネットワーク・シダークレスト病院、ポコノ・レースウェイ、アンドレッティ・オートスポーツ、ベライゾン・イン ディカー・シリーズ、そして驚くほどたくさんの声援を送ってくださった世界中のファンをはじめとするレーシング界のすべての方々に、深く感謝申し上げま す」

「ウィルソン家はお花を頂戴する代わりに、インディカーのウィルソン児童基金にご寄付を賜りたくお願い申し上げます」

1978年生まれ、イギリス出身のジャスティン・ウィルソンは、インディカー(チャンプカー)で通算7勝。母国イギリスのフォーミュラカーシリーズで着々とステップアップし、2001年に出場した国際F3000でシリーズチャンピオンの栄冠を掴んだ。

2003年にはF1世界選手権への参戦をスタート。ミナルディ、ジャガーで16レースを戦った。

アメリカに渡ってインディカーに挑戦を始めたのは2004年。翌2005年には早くも2勝を挙げ、2006年、2007年、2008年、2009年にさら に1勝ずつをマークした。最初の6勝はロードコースで挙げたものだったが、2012年にはテキサスの1.5マイル・オーバルで激しい戦いの末に、念願の オーバル初優勝を勝ち取った。

ご冥福をお祈り致します。

R.I.P.

|

« 無題 | トップページ | 2015年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ジャスティン・ウィルソン、インディカーの事故で死去」:

« 無題 | トップページ | 2015年 »