« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月28日 (火)

子供たち

交通事故、ブレーキの踏み間違い。


コレを車のせいにする「老害」。


自分らが生きてきた1/4にもみたない子供たちを何故ころす。


アンタらがタヒねばいいんだ。


金銭で賠償されたとしても、「一生をかけて償う」だと!


あんたら「老害」の一生ってあと20年もないだろ!





怒りがあるし悲しみもある。



「行ってらっしゃい」と送り出した子らが変わり果てた姿で帰ってくる。

私だったら地球の果てまで犯人と一族郎党に同じ目をあわせてやる。


日本は「自力救済」を認めていないけれど子供たちの家族には認められてもいいと思う。


そうしても逝ってしまった子供たちは帰ってこない。


遺族が明日に向かって目を上げて生きていけるなら全ては許されると思う。



「上級国民」老害



被害者を助けずに息子に電話をかけていろいろなアカウントを削除してもらった?!

動転して電話をかけたのならともかく、とりあえず119だろうがっ!


車を買い換える予定だった?!


「上級国民」 ならタクシー乗るお金もあるだろう!


ちょっとのお金をケチったせいで子供たちが亡くなったんだよ。


もうさ「故意」を認定すべきだ。


自分の小銭のために殺人を犯したのだ。


どの事故もにも1%ぐらいは同情するけれど、この「上級国民」は許せない。


こういうのが「官僚」だったのか、「院長」とかの肩書きだったのか!




マニュアル車ならばこういう事故は起きないのだろうか。



ギアをバックに入れて車庫入れするつもりが、前にポンと飛び出したらコレも事故にあたると思う。




どちらにしてもタクシーに乗ろうよ。


お金がかかるけれど、余所様にケガをさせるより、人間としての選択肢はタクシー優先。



私は運転しないよ。


免許証は究極のIDカードなだけだもの。




登戸で無差別殺人があった。


犯人はどうでもいい。


逆に半身不随で苦しめ!


意識不明の子供が助かります様に!!!!



| | コメント (0)

2019年5月 1日 (水)

絵文字(笑)

Photo_5


「0⭕️元年」

ネットで拾って使ってみたかったので。

 

 

Photo_5

| | コメント (0)

「令和」雑感

Photo_5




アベガー族がいらっゃるようだけれど、私は右でも左でもないし、それぞれの主義主張は容認すべきだと思う。


でも時々のアンケートで出てくる「人柄が信頼できない」、コレは最悪。

怒髪天ではないけれどこういう考えの人が多いことに日本の行く先が不安になる。



まぁ、それはともあれ、日本国内であっても、人間は「平等」とか寝言を言う人が多い。


確かに裸で産まれる赤ちゃんは、その時点では、平等かもしれない。

その後は産まれた家柄が色濃く影響する。



その分かりやすい例が「字」。

教育や家庭環境は「字」に如実に表れる。


Photo_6



各党の党首にフリップを書くと小学生かと思うことがある。



もちろん「字」だけが綺麗=優秀ではない。

 

それ以外のバックグラウンド。

優秀な教育を受けて育った両親から産まれ、家庭教師などに教育を受け、「字」なども習わせる余裕のある家庭。



「字」を見るとその方の来し方が分かり、悪筆の私は落胆する。

学びを始めるに遅すぎることはない。

また頑張ろう。

 

 

| | コメント (0)

「令和」

「令和」


「初春の令月にして、
気淑(よ)く風和ぎ、
梅は鏡前の粉(こ)を披(ひら)き、
蘭は珮後(はいご)の香を薫(かをら)す。」


Photo_5

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »