2020年9月15日 (火)

「誰もいない海」

「誰もいない海」
山口洋子作詞・内藤法美作曲

 



今はもう秋 誰もいない海


知らん顔して 人がゆき過ぎても


私は忘れない 海に約束したから


つらくても つらくても


死にはしないと

 

 

今はもう秋 誰もいない海


たったひとつの 夢がやぶれても


私は忘れない 砂に約束したから


淋しくても 淋しくても


死にはしないと

 

 

今はもう秋 誰もいない海


いとしい面影(おもかげ) 帰らなくても


私は忘れない 空に約束したから


ひとりでも ひとりでも


死にはしないと

 

 

-------------------------

 

朝からこんな局を聞きたくなかった。。。。

| | コメント (0)

2019年10月 9日 (水)

「現代人をむしばむ「愛着障害」という死に至る病」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191009-00306661-toyo-soci&p=1

 

 

リンクが切れてしまわない様に例によって「無断こぴぺ」

 

(後で読む)


申し訳ありません。




---------------------

 

岡田 尊司 :精神科医、作家

 


現代人は、なぜ幸福になれないのか――。ベストセラー『愛着障害』の著者で、精神科医・作家である岡田尊司氏の最新刊『死に至る病 あなたを蝕む愛着障害の脅威』から一部抜粋のうえ、お届けします。

 「死に至る病とは、絶望のことである」と、かつて哲学者キルケゴールは書いた。キルケゴールにとって、絶望とは、神を信じられないことを意味した。

 だが、今日、「死に至る病」とは愛着障害にほかならない。愛着障害とは、神どころか、親の愛さえも信じられないことである。そして、キルケゴール自身も、愛着障害を抱えていた――。

 合理的な考えによれば、親の愛などなくても、適度な栄養と世話さえあれば、人は元気に生きていけるはずだった。だが、そこに致命的な誤算があった。

 特別な存在との絆である「愛着という仕組み」がうまく働かないと、生存にも、種の保存にも、重大な支障が生じるのである。全身傷だらけになりながら、自傷や自殺企図を繰り返すのも、稼いだ金の大半を、吐くための食品を買うためや、飲み代やホスト通いに費やすのも、物や金の管理ができず、捜し物と借金に追われ、混乱した人生に沈むのも、原因のよくわからない慢性の痛みや体の不調に苦しむのも……、そこには共通する原因があった。

■「死に至る病」である愛着障害とは何か? 

 その原因とは、愛着障害であり、愛着障害とは、生存と種の維持に困難を生じ、生きづらさと絶望をもたらし、慢性的に死の危険を増やすという意味で、「死に至る病」なのである。

 いま、この国に、いや世界のいたるところで、経済的豊かさを追求する合理主義や、個人の利益を優先する功利的個人主義の代償として、「死に至る病」が広がっている。

 「死に至る病」は、キルケゴールが述べたような単なる絶望ではない。精神的な救いが得られない精神的な死を意味することにはとどまらない。

 「死に至る病」は、生きる希望や意味を失わせ、精神的な空虚と自己否定の奈落に人を突き落とし、心を病ませるだけでなく、不安やストレスに対する抵抗力や、トラウマに対する心の免疫を弱らせることで、体をも病魔に冒されやすくする。現代社会に蔓延する、医学にも手に負えない奇病の数々は、その結果にほかならない。

 かろうじて病気になることを免れたとしても、傷つきやすさや苦痛から、すっかり免れることは難しい。せっかくの人生は、喜びよりも、不快さばかりが多いものになってしまう。

 

 

 その不快さを和らげるために、生きる苦痛を忘れるために、人々は、神経や心を麻痺させるものを日常的に必要とする。それに依存することで、かろうじて生き延びようとするのだ。

 だが、それは、ときには慢性的な自殺につながってしまう。

 いま、「生きるのがつらい」「毎日が苦痛なだけ」「生きることに意味が感じられない」という言葉が、この国のいたるところから聞こえてくる。

 生活に疲れ、過労気味の中高年から聞かれるのならまだしも、最も幸福な年代といわれる30代からも、元気盛りの20代からも、そして、10代の中高生や、ときには小学生の口からさえ聞かれるのである。

 彼らはたいてい暗い顔をして、うつむき加減になり、無理に笑おうとした笑顔さえ、ひきつってしまう。彼らは、医学的にみて明らかにうつ状態という場合もあるが、必ずしも、そうした診断が当てはまらないときもある。とても冷静に、落ち着いた口調で、「私なんか、いてもいなくても同じなんです」「まだ生きないといけませんか」と、自分が抱えている空虚感や生きることの虚しさを語ることもある。「死にたい」「全部消し去りたい」と、その優しい表情からは想像もできないような激しい言葉がほとばしり出ることもある。

 人間性や能力の点でも、愛される資質や魅力の点でも、積み重ねてきた努力の点でも、彼らは決してひけを取ることはない。むしろ優れている点もたくさん持っている。なのに彼らは、自分には愛される資格も生きる資格もないように思ってしまう。こんな自分なんか、いらないと思ってしまう。

 自分のことをとても愛しているように見えるときでさえも、実は本当には愛せていない。本当には愛せない自分だから、理想の自分でないとダメだと思い、自分に完璧を求める。自信に満ちて見えても、それは、ありのままの自分を隠すための虚勢にすぎない。

 だが、完璧な自分しか愛せないとしたら、完璧でなくなったとき、その人はどうなるのか。どんなに努力しても、どんなに頑張っても、いつも完璧でいられる人などいない。どんなに成功と幸福の絶頂にいようと、次の瞬間には、愛するに値しない、生きるのに値しない不完全でダメな人間に堕してしまう危険をはらんでいる。

■愛するに値しない自分、大切にしてもらえなかった自分

 彼らが自分のことを、愛される資格がない、生きる値打ちがないと思っているのには、その確信の根拠となる原体験がある。

 

彼らにとって最も大切な存在が、彼らをあからさまに見捨てたか、かわいがっているふりをしていたとしても、本気では愛してくれなかったのだ。

 「本気で」とは、口先ではなく行動で、ということであり、彼らがそれをいちばん必要とした幼いときに、彼らのことを何よりも優先し、気持ちだけでなく時間と手間をかけてくれたということだ。大切な人が、彼らのことより他のことに気を奪われることがあったとか、自分自身のことや生活のことに追われて、どこか上の空であったというとき、幼い子は「自分はいちばん大切な存在だ」ということを味わい損ねてしまう。

 自己肯定感を持ちなさい、などと、いい年になった人たちに臆面もなく言う専門家がいる。が、それは、育ち盛りのときに栄養が足りずに大きくなれなかった人に、背を伸ばしなさいと言っているようなものだ。

 自己肯定感は、これまでの人生の結果であり、原因ではない。それを高めなさいなどと簡単に言うのは、本当に苦しんだことなどない人が、口先の理屈で言う言葉に思える。

 いちばん大切な人にさえ、自分を大切にしてもらえなかった人が、どうやって自分を大切に思えるのか。

 むしろ、そんな彼らに言うべきことがあるとしたら、「あなたが自己肯定感を持てないのも、無理はない。それは当然なことで、あなたが悪いのではない。そんな中で、あなたはよく生きてきた。自分を肯定できているほうだ」と、その人のことをありのままに肯定することではないのか。

 自己肯定感という言葉自体が、その人を否定するために使われているとしたら、そんな言葉はいらない。

■愛着障害がもたらす悲劇の恐ろしさ

 自分のことを何よりも大切にしてくれる存在を持てないことほど、悲しいことはない。大人であっても、それは悲しいことだ。だが、幼いときに、子どものときに、そんな思いを味わったら、その思いをぬぐい去ることは容易ではない。

 だが、それは、単に気持ちの問題にとどまらない。

 では、根本的な要因は何なのか。

 それに対する答えが、「愛着障害」なのである。

 

----------------

 

 

| | コメント (0)

2019年9月20日 (金)

Twitterで

朝から怒り爆発&吐き気がしてた。

嫌悪感!!!

 

 

そうしたらこういうスレを見かけた。

 

https://twitter.com/badassceo/status/1174624420754649089?s=20

 

----------------

人の悪口や陰口を言うな。別に聖人になれと言ってるわけじゃない。嫌いな奴に君の貴重な時間を1秒でも使ったらもったいないだろ。嫌いな奴に君の脳のスペースを1mmでも奪われたら損だろ。人生は短い。嫌いな奴の為に使う時間なんて1秒もねえ。合理的に考えて、悪口や陰口なんて叩いてる暇はないのだ。

----------------

https://pbs.twimg.com/media/EE0b2nFU4AEn5VL?format=jpg&name=large

----------------------------

人の悪口ばかり言う人の特徴

・強いコンプレックス(強い嫉妬心)
・優位な立場に立ちたい
・ストレス発散
・人に認められたい、褒められたい
・寂しがりやのかまってちゃん
・ネガティブ思考で、被害妄想が激しい
・人により態度を変える
・負けず嫌いで、プライドが高い
・日常的に上手くいってない

----------------------

無茶だと思います。
嫌いという感情は、それがなにがしの被害者の場合は「望まずして脳髄に焼き付けられた感情」の場合があります。

嫌いな人間を思う起こすように焼き付けられてしまった人間に、その言葉は追い打ちです。
再考をしてもらえると、うれしいです。

----------------------------

嫌いなヤツに奪われる時間はナイ

嫌みなヤツに奪われる時間もナイ
🎵

失礼なヤツに奪われる時間もナイ

----------------

嫌いな人間に対して、時間や脳のリソースを割くのは、もったいないですよね。

嫌いな奴のことを思い出すと、腹は立っても幸せな気持ちにはならない。

「好きの反対は無関心」といいますが、本当に嫌いなヤツは、撤退的に無視して、無関心のままに黙殺することが良いんだろうな、と思います。
🤔

-----------------------

 

無関心

 

コレだ!!!!

| | コメント (0)

2019年8月24日 (土)

あなたのくらしがかるくなりますように

「あなたのくらしがかるくなりますように」


というメッセージが出たのだけれど


今の私には


「あなたのくらしがあかるくなりますように」


平穏な静かな何も無い一日が欲しい。

 

Photo_20190824154101

| | コメント (0)

2019年8月 2日 (金)

「恥の多い人生を送って来ました」

「人間失格」太宰治


・思いやりという感情が無かった。


ヒヨコがピヨピヨ鳴くから面白がって床に叩きつけていたらしい。
当然すぐに死んでしまったらしいけれど、親に言われた時は愕然とした。


一学期の終わり、友人がたくさんの荷物を持って四苦八苦していた。
 工夫をいろいろ考えたけれど、分担して持つ、という感情がわかなかった。


友人の家に遊びに行った時、お料理の工夫を教えた。
文句をつける気は毛頭なかったけれど、温厚な彼女に
「じゃあ、買ってきて」と言わせてしまった。 




・努力をしなかった


大学で一流の先生に勉学はもちろん勉学に取り組む姿勢も教えて頂いた。
「次の10年のために今努力しろ」

なまじっか他人より少し出来たのでそれに慢心した。
その頃の同期は海外の教授になったり、弁護士になったり有名な会社を立ち上げた。

努力をしなかった私の頭の中は半世紀前のまま。
バージョンアップがされていないパソコン並。
(例えればMS-DOSか)


職種も知識を必要とした所だったけれど、その後勉強をしなかった。
これも「なまじっか他人より少し出来たのでそれに慢心した。
努力をしなかった私の頭の中は半世紀前のまま。
バージョンアップがされていないパソコン並。
(例えればMS-DOSか)


人生は勉強の毎日だ。



・「くれくれ」だった


これは最大の自己嫌悪。


褒めているつもりで欲しいなぁを連発していた。


決して恵まれていない生活では無いから手に入れようと思えば手に入る物。


卑しい



・お礼が出来ていない


友人にお世話になった時「ありがとう」としか言えていない。


これは現在進行形。


お金を包むなんて論外。

ちょっとしたお菓子と言っても友人達の方がはるかにいろいろと知っている。

私の選ぶものなんて、と卑屈になって、そのまま。




ここまで書いてきて自己嫌悪で落ち込んだから止める






 

| | コメント (0)

2018年8月26日 (日)

耳が痛い

カテゴライズしようとしてしまった。


中川翔子さんの記事。

「学校行けなかった自分へ…中川翔子さんが「オールオッケー!」と言えるまで「しんどい時こそ、夢の種まき」」


以下無断引用


************************************


ブログでは「せめて好きだったことを書こう」って、明るい遺書的な感じで、「これが好きでした」、「アニメソングが好き」って、今まで言えていなかったことを書いていきました。



好きなこと、ほめることだけ書いていたら、文章に引っ張られて、すごい明るくなって。



大好きな人にも、お互いが生きていれば、会えるって分かった。



************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月18日 (土)

イチロー選手 試合前のストレッチ

例によって無断転載。

すみません。


アチコチ痛いので参考にしたいです。

(三日坊主にならないように。。。)



【MIA】 イチロー選手 試合前のストレッチ (マーリンズ・パーク)






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月17日 (土)

思い出すと悲しい話

もう亡くなっていると思う俳優さんのお話。



大陸が帰る時に、人間でも生き別れになりそうな状況で



当然ペットを連れて帰ることもできず。。。。


その俳優さんが電車でたびたったところ



愛犬がどこから気がついたのか、必死に追いかけて走ってきた。


何処までも何処までも。。。。



力尽きた愛犬との別れが忘れられないと。。。


その話を思い出す度に涙が止まらない。




私も似たような経験がある。


子供の頃、野良犬?と遊んで帰る時、いつまでもついてくる白黒のワンコがいた。


走って走って、道にまけたとき、犬がまっすぐに走っていく後ろ姿を見た。




悲しかったなぁ。。。

絶対に今でも元気では亡いだろうと思うけれど、おそらく保健所であったのでは?



子供が面倒をみてあげることは出来ないけれど、「ごめんね」。。。。



目の見えないニャンを育てているのはその埋め合わせにとはならないけれど。。。


Dsc00018_b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月16日 (金)

ブッダの教え(ネットからのコピペ)

http://world-fusigi.net/archives/8787402.html

「もしあなたが何かを好きになったら、好きと思った瞬間に、それを追い求めるでしょう。しかしそれは、あなたを苦しみへと導くのです。欲望というものは、本当に狡猾です。」

「最後には、おまえさんはあらゆる瞑想法さえ手放さなければならない。自分の師匠にさえも執着することはできない。じゃから、もし、その瞑想法が厭離(おんり)や無執着に通ずるものであるなら、それは正しい修行法であると言えるだろう。」

「ブッダのダンマを本の中に見出すことはできん。もし、おまえさんが真にブッダの説いたことを理解したいのなら、本を読むことに煩わされることはない。そんなことより、自分の心を観察するんじゃ。」

「何かになろうとしてはいけません。自分自身を何かに変えようとしてはいけません。瞑想者になってはいけません。悟りを開いた人になろうとしてもいけません。あなたが瞑想をするときは、あるがままにいてください。」

「気づきを保ち、物事をその自然なままにさせておきなさい。そうすれば、どんな環境にいようと、あなたの心は透明な池のように静まっていきます。」
「おまえさんの修行は、朝起きると同時に始まり、眠りにつくその瞬間まで続くべきものじゃ。どれくらい長く座れるかなどということは、気にせんでいい。
大切なのは、歩いているときであろうと、座っているときであろうと、便所へ行くときであろうと、気づきを保つことだけなんじゃ。

「足を組んで座る瞑想をしているときだけが修行の場だと思ってはいかん。なかには瞑想をするための十分な時間がないといって文句を言うものがおるな。
では、おまえさん、息をするための時間もないのかい?おまえさんが何をするときでも、そこには気づきがあり自然体でいるのならそれは瞑想になるのじゃ。」

「聞くが良い。ここには誰もおらん。ただ『これ』があるのみじゃ。主はいない。老いも若きもない。善も悪もない。弱い者も強い者もいない。・・・不生不滅・・。
わしらが重荷を背負っているとき、それは苦役となる。じゃが、重荷を背負う者がおらんのなら、そこに何の問題が発生することがあろう」

「平安でさえ、無常であると理解されなければならん。もし、おまえさんが心の平安に執着するのなら、それを失ったときに、おまえさんは苦しむことになるじゃろう。平安を含めたすべてを手放すのだ。」
「おまえさんが自分自身に対して腹を立てたり、自分の境遇を気の毒に思うとき、それは自分の心を理解するための大切な機会なのだ。」

「自分が怒っていることに気づいたら、ただそれを手放せばいい。もしくは、慈悲の修習をおこなってもよい。強い怒りが生じるときには、慈悲の心を育てることにより、それらとバランスをとるといい。」

「疑の全体のプロセスを観察しなさい。疑念を持っているのは誰なのか、疑念はどのように去来するのかを観察するのだ。
そうすれば、おまえさんは疑の犠牲者となることはない。おまえさんは疑から脱し、心は静謐なものとなるじゃろう。そして、すべての現象がどのように去来するのかを理解するようになる。」

「仏道修行においては、結果を出そうとしてはいかん。解脱をしたい、悟りを開きたいという強い欲望は、おまえさんの解脱を阻む欲望になってしまう。」

「生物の価値に優劣はない」と
「自分の力だけで生きてると思いあがるな」と
「自由」と「孤独」は違う言葉
だけどそこに立ってるのは同じかもしれない

「修行の道は、常に煩悩や習慣化した欲望と対立します。かつてサーリプッタ長老が托鉢に行ったときに、自分の中の貧(ローバ)が、
「もっとたくさんよこせ」と言っていることに気がつきました。そこで、サーリプッタ長老は、村人に、「少しだけいただけますか」と言いました。」

「私たちは思考を無理やり抑えようとするのではなく、思考が生じても好きなようにさせ、ただそれに気づき、過剰に反応しなければよいのです。」

-------------------

http://world-fusigi.net/archives/8484369.html

思いわずらうな。
なるようにしかならんから、
今をせつに生きよ。
 (キリストも似たようなことを言ってますね。
 マタイによる福音書/ 06章 25~34節」
 
6:26空の鳥を見るがよい。まくことも、刈ることもせず、倉に取りいれることもしない。それだのに、あなたがたの天の父は彼らを養っていて下さる。あなたがたは彼らよりも、はるかにすぐれた者ではないか。

もし、清らかな心で
生きている人がいたとしたら
幸福はその人の後に、
かならずついていく事でしょう。

善をなすのを
急ぎなさい。
善をなすのに
のろのろしていたら、
心は悪を
楽しむようになります。

他人の過失を
見る必要はありません。
他人のした事と、
しなかった事を見るのではなく
自分がした事と、
しなかった事だけを
見るようにしなさい。

自分で自分を、
励ましてあげなさい。


壮大な岩が
風にまったく揺るがないように
賢者は、非難と称賛に
動じないものです。

戦いにおいて、
一人が千人に打ち勝つこともある。
しかし、自己に打ち勝つ者こそ、
最も偉大な勝利者である。

今日すべきことは
明日に延ばさず
確かにしていくことこそ
よい一日を
生きる道である。

過去は追ってはならない、
未来は待ってはならない。
ただ現在の一瞬だけを、
強く生きねばならない。

最大の名誉は
決して倒れない事ではない。
倒れるたびに
起き上がる事である。

学ぶことの少ない人は
牛のように老いる。
彼の肉は増えるが
彼の知恵は増えない。

-------------------



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月15日 (水)

「生きる意味」

勝手に引用

元ソース不明

もちろんそれぞれの「名言」の原典不明

なんとなく記録しておく、というか今は上手く読めないので「備忘録」として


------------


■ 生きるってなんだろう

「生きる」というのは働いたり、恋をしたりするという活動や、命がある状態それ自体を指していると一般的には考えられています。それでは哲学者たちは、「生きる」をどんなものとして考えていたのでしょう。

◎ オスカー・ワイルド 

・「生きる」とは、この世でいちばん稀(まれ)なことだ。たいていの人は、ただ「存在」しているだけである

ただ存在するためには、息をして死なないでいるだけで十分です。しかし、生きるためには自分の意志で積極的な活動をしていかなければいけないのかもしれません。自分が「生きている」のか、「存在している」だけなのか、問いかけてみたくなります。

◎ ジャン=ジャック・ルソー

・私達はいわば二回この世に生まれる。一回目は存在するために、二目回は生きるために。

両親の力を借りて、「私」という存在が生まれました。そして、心と身体の成長に伴って、「私」という一人の自立した人間が生まれるのかもしれません。

◎ マルクス・トゥッリウス・キケロ

・生きることとは、考えることだ。

例えば、言われるがままになっていたり、本能のままに行動をしているだけでは、自分の意志が存在しないことになってしまいます。考えて、自分で決めて、実行することが、生きるということなのかもしれません。

◎ ソクラテス

・吟味されざる生に、生きる価値なし

私たちは誰しも社会の中で生きています。だからこそ、私たちの生は自分以外の意見に流されてしまうことがあります。そんなときは生き方を問い直して、自分が何をしたいのか考えることが大事なのかもしれません。

■ どうやって生きればいいんだろう

生きる意味に悩むときは、どう生きればいいのか迷っている状態だと思います。そこで、哲学者たちはどう生きるべきと考えていたのかをひもといてみましょう。

◎ フョードル・ドストエフスキー

・希望を持たずに生きることは、死ぬことに等しい

「希望」はいろいろな意味を持つ言葉ですが、変わっていこうとする意志のことも指します。「ああなりたい」「こうなりたい」という思いがなくなっ てしまったとき、変わることができない死人と同じようになってしまうのかもしれません。希望をもって生きる大切さがよくわかります。

◎ ソクラテス

・生きるために食べるべきであり、食べるために生きてはならない

手段は目的を達成するためにあります。食べるために生きているとき、私たちは日々食べることでその生の目的を遂げてしまいます。生きることはただの手段ではなく、それ自体が目的になるべきなのでしょう。

◎ ヴィクトル・ユゴー

・生きている者とは、闘っている者だ

闘いは、「守る」必要にかられて行われることが多いです。人生の中で現れる選択肢から逃げずに闘うことこそ、生きることなのではないでしょうか。

◎ ラルフ・ワルド・エマーソン

・絶えずあなたを何者かに変えようとする世界の中で、自分らしくあり続けること。それがもっとも素晴らしい偉業である。

「お金がたくさんあればいい」「友達は多いほうがいい」という言葉に私たちはさらされ続けています。しかしお金がなくても友達が少なくても、自分が求めているものをしっかり求め続けて生きる方が重要なのかもしれません。

■ 人生ってなんだろう

「生きている」という感覚は現在進行形で感じることができます。一方で、「人生」とは過去・現在・未来すべてを含んでいる感覚です。この人生について哲学者たちはどんな風に考えていたのでしょうか。

◎ エレノア・ルーズベルト

・人の生き方を一番よく表すのは、言葉ではありません。それは、その人の選択なのです。わたしたちの選択とは、つまるところ、わたしたちの責任なのです。

誰かがいう「こうしなさい」という言葉に従っていれば、私たちにその責任が問われることはありません。しかし、私たちが私たちの意志で何かをしようとするとき、私たち自身に責任を問われます。そして、そのときにこそ初めて「私らしい人生」が現れるのかもしれません。

◎ ジャン=ジャック・ルソー

・最も長生きした人間とは、最も年を経た人間のことではない。最も人生を楽しんだ人間のことである。

ただ年齢を重ねることは、誰にでもできます。しかし、どんなに短い一生だとしても最高に人生を楽しめたのなら、誰にも負けることのないほどの経験を得ることができます。経験の質と量は人生の長さとは比例しないはずです。

◎ フィンセント・ファン・ゴッホ

・何も後悔することがなければ、人生はとても空虚なものになるだろう。

人生の華やかな部分を彩るのは、実は人生の暗い部分です。後悔のない人生は平坦ではあっても、幸せを実感できない人生なのかもしれません。

◎ 松下幸之助

・いくつになってもわからないものが人生というものである。わからない人生を、わかったようなつもりで歩むほど危険なことはない。

人生というのは、たとえ命が終わるその瞬間でも、わからないものなのかもしれません。わからないものだということを受け止めてしまうことが大切ですね。

◎ 芥川龍之介

・人生は一箱のマッチに似ている。重大に扱うのはばかばかしい。重大に扱わねば危険である。

あまりにも重大に扱うのも違うけれど、重大に扱わないと痛い目を見ることもある。人生をどう見つめるかは、臨機応変に変えていく必要があるのかもしれません。

■ 生きる意味ってなんだろう

生きる意味について悩むときは、挫折や漠然とした不安感を抱えたときだと思います。そんなとき、未来や今に対してどのように考えればいいのでしょうか?

◎ マルティン・ルター

・たとえ明日世界が滅亡しようとも、今日私はリンゴの木を植える。

生きるというのは希望を失わないことなのかもしれません。たとえ明日世界が滅亡するとしても、明後日のために何かを残そうとするその意志が、未来を作っていくはずです。

◎ ギュスターヴ・フローベール

・人生でもっとも輝かしい時は、いわゆる栄光の時なのでなく、落胆や絶望の中で人生への挑戦と未来に成し遂げる展望がわき上がるのを感じたときなのだ。

人生を火に例えると、栄光のときはすでに十分燃えているので燃料などは必要ありません。しかし、落胆・絶望しているときにそれでも挑戦しようとする行為は、欲や希望という燃料を人生の灯火に注ぐようなものだと思います。一度火が付けば爆発的に燃え上がるはずです。

◎ バーナード・ショー

・私にとって人生は、はかなく消え去る蝋燭の火ではなく、燃えさかるたいまつである。私は今、このたいまつを手にしている。この火を次の世代に手渡す前に、精一杯明るく燃やそうと思う

人生の残り火が消え去ろうとするそのときにも、激しく命を燃え上がらせることはできます。過ぎた過去を懐かしむのではなく、常に今という一瞬を生きたいですね。

◎ 五木寛之

・人生の目的は、『自分の人生の目的』をさがすことである

自分の人生を生きているようで、誰かの価値観に頼ってしまっていることがあります。幸せのあり方は人によって違います。誰かに押し付けられた幸せではなく、自分自身の幸せを求めていきたいですね。

◎ アルベルト・アインシュタイン

・誰かの為に生きてこそ、人生には価値がある

人生を生きることは、独りよがりになることではありません。誰かの幸せを通して得た幸せは、孤独でいるときよりも人生を豊かにしてくれるはずです。

◎ 坂本龍馬

・夢中で日を過ごしておれば、いつかはわかるときが来る

いつかふいに、自分が生きる意味がわかる日が来るものなのかもしれません。毎日毎日を過ごすなかで、生きる意味を発見していく。それこそが人生なんですね。



------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧